インカム野郎のポートフォリオ

この記事では、私もとさとの資産配分について記載します。
アセットアロケーション、ポートフォリオの運用方針を紹介します。

一度ルールを決めてしまえば、あとはそれに沿って運用するだけなので、日々の感情に左右されなくなります。

もとさと
もとさと
精神的に非常に楽になります!

はじめに

投資を継続していくためには、投資用資産の配分を決めることが大切だと考えます。
しかし、身の回りの環境変化により、この配分は何度も変わっていくことかと思います。

変わることは問題ではなく、大事なのは、その時々の軸に従って投資することです。
そのために、軸となるアセットアロケーションとポートフォリオの作成が必要なのです。

もとさと
もとさと
感情に振り回されないように!

アセットアロケーション

投資用の総資産を以下のように配分します。
(2021.10.1〜)

  • 米国株式 :60%
  • 米国債券 :20%
  • 日本株式 :10%
  • J-REIT  :10%
もとさと
もとさと
米国資産を多めにしています。

米国株式の割合を高めに、日本株式の割合を低めに設定しております。
この理由として

  1. 米国市場は歴史的に右肩上がりであり、比較的不安なく長期投資できる。
  2. 日本市場は変動が激しく、安心して長期保有できる自信がない。
  3. もとさと自身が日本で働いている。
  4. 米国株には四半期分配の優秀なETFがある。

といったことが挙げられます。

もとさと
もとさと
いかに心を平穏に保つかの勝負です

ポートフォリオ運用方針

各資産科目の運用、保有方針を記載します。

米国株式

米国株式をメイン資産とし、ETFによる保有を基本とします。

もとさと
もとさと
個別株は保有しません!

保有の分類と銘柄は以下のとおりです。

資産形成ETF

【VIG】
  • 米国増配株式ETF
  • 増配を継続している株式で構成
【VIG】王者の側近、鉄壁のコア資産この記事では、私もとさとが愛する優秀な米国ETF【VIG】について紹介します。 私もとさと自身、コア資産として多数保有しているETFで...
もとさと
もとさと
最も愛しているETFです!

【QQQ】
  • 世界のスター【Nasdaq100】指数に連動

もとさと
もとさと
成長要素を狙うとともに、後述する【QYLD】と同率で保有をします。

高配当ETF

【VYM】
  • 安定した高増配率。
  • 定期買付し、口数の増加を狙う。
もとさと
もとさと
利回りより、増配を重視!

【QYLD】
  • 利回り7%〜10%の圧倒的インカム
  • カバードコールによる毎月分配
もとさと
もとさと
値上がりは期待せず、完全なインカム狙いです。
前述の【QQQ】と同率で保有します。

米国債券

【BND】
  • 変動が少ない安定型資産
  • 下落相場でのクッション
もとさと
もとさと
現金に変わる資産置き場として活用します。

【VGLT】
  • 株式との相関係数が非常に低い
  • 下落相場でのリバランスを狙う
もとさと
もとさと
圧倒的逆相関を利用し、リバランスでの利益拡大を狙います。

日本株式

基本的に、ネオモバによる小規模な運用とします。

配当控除のために、日本株を多く保有するべきですが…
いかんせん難易度が高く、なかなか踏み込めずにいます。

もとさと
もとさと
価格変動が激しい・・・

保有銘柄は以下のとおり。

【9433】KDDI  
【8591】オリックス 
【8267】イオン   

【イオン】【KDDI】【オリックス】は優待目的となります。

【優待か配当か】優待銘柄との付き合い方この記事では、日本株の中でもその一部に採用されている【株主優待】というものについて、私もとさとの考えを記載していきます。 ○日...

増配という観点からはズレているかもしれませんが、優待による喜びを感じてみようかな

もとさと
もとさと
優待は満足感が大きいです

不動産(REIT)

総資産の10%程で保有します。
なお、現物不動産ではなく、REITとします。
株式の不動産セクターは本項に含みません。

もとさと
もとさと
NISA枠での保有狙っています!

【NISA最大効率】J-REITの買付が効率的!この記事では【一般NISA】で買付するべきだと考える投資対象をご紹介します。 NISAは株式の売買や配当金にかかる税金をゼロにできると...

終わりに

以上、2021年8月現在での運用方針です。
あまりガチガチにせず、ふんわりと投資していきます。
今後、方針変更などあった際は、改めて記事を作成します。

もとさと
もとさと
今後ともよろしくおねがいします。