米国ETF

【VIG】王者の側近、鉄壁のコア資産

この記事では、私もとさとが愛する優秀な米国ETF【VIG】について紹介します。

私もとさと自身、コア資産として多数保有しているETFであり、今後の成長に期待しています。

もとさと
もとさと
最愛のETFです!

ふと保有資産を振り返ると、実は【VOO】より断然多く保有しているということで、どうやら私は【スター】や【王道】よりも【側近】や【参謀】のようなポジションのものを好むのだなと感じた次第です(謎)

この記事のポイント!

  • 長期投資とのシナジー
  • 時間と共に増す分散力
  • 市場からの退場を防ぐ

はじめに

軽くご紹介

【VIG】は、米国の資産運用会社【バンガード】が運用するETFであり、米国ETFの時価総額ランキングにおいて15位以内に位置する人気者です。
流動性、実績ともに優秀であり、資産形成を図る上で文句なしの投資対象です。

ベンチマークとなる指数

【VIG】は【S&P U.S. Dividend Growers Index】という指数に連動するETFです。 

この指数は【米国企業】で【10年以上連続増配】を遂げている銘柄の中から【配当利回り上位25%を除外】したものを【時価総額加重平均】で構成したものです。

上位25%を除外することにより、業績に見合わない(=株価に見合わない)無理な配当を出す企業を排除できることから、いつか訪れる減配による株価の下落を避けることができるため、結果的に指数として高いパフォーマンスを記録できるようです。

もとさと
もとさと
「間違いない企業」のみで構成されています!

ETFの基本情報

基礎データ

運用会社 Vanguard
ETF名称 VIG:Vanguard Dividend Appreciation ETF(公式
連動指数 S&P U.S. Dividend Growers Index(公式
算出方式 時価総額加重平均
経費率 0.06%

セクター比率

確認月 2021/9/30 2021/8/31 2021/7/31 2021/6/30 2021/4
情報技術 19.5% 13.7% 13.6% 13.4% 12.9%
ヘルスケア 14.2% 15.1% 15.1% 15.1% 15.1%
一般消費財 11.4% 16.6% 16.8% 16.7% 22.5%
通信 2.8% 2.2% 2.2% 2.2% 3.1%
金融 15.2% 14.2% 13.7% 14.1% 8.3%
資本財 15.0% 21.5% 21.9% 22.0% 21.1%
生活必需品 13.4% 9.8% 10.0% 9.9% 9.1%
公益 3.2% 3.9% 3.7% 3.6% 5.0%
素材 5.2% 3.0% 3.0% 3.0% 2.9%
エネルギー 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
不動産 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
銘柄数 268 247 247 247銘柄 212銘柄

組入銘柄上位

順位 2021/9/30 2021/8/31
1 MSFT MSFT
2 JPM JPM
3 JNJ JNJ
4 V WMT
5 UNH UNH
6 HD V
7 PG HD
8 CMCSA PG
9 ABT CMCSA
10 PEP ORCL

もとさと
もとさと
セクター比率と組入銘柄は、あくまでも指数の結果ですので、参考程度にしてください。

VIGの圧倒的長所

圧倒的増配力

増配銘柄のみで構成されていることから、この【VIG】からの分配金についても、それを期待することができます。

実際、過去10年分の平均増配率を見ると、それは【8%】を超えています。
(2011〜2020年末)

そして、現在2021年9月の分配金が発表されたところですが、確実かつ圧倒的な増配を成し遂げています。

今年の分配金は、前年比で【8.25%】【12.39%】【25.56%】の増配となっています。

【VOO】や【VTI】が一部の期で減配する中【VIG】は圧倒的な増配を続けています!

もとさと
もとさと
ホント素晴らしい!

そして、増配銘柄というものは、継続的な株価上昇が期待できます。

もとさと
もとさと
今後の成長が期待できるからです!

これにより、インカムの上昇は当然ながら、含み益の上昇も狙えます

15年の歴史を見ても分かるとおり、堅実な成長を記録しております。

もとさと
もとさと
安心して資産形成ができます!

分散力が永遠に向上していく

【VIG】は【S&P500】や【Nasdaq100】のような、銘柄数の指定がある指数に連動していません。

意外と目立たないことですが、この点は他には無い圧倒的な長所といえます。

現に、直近数年の推移だけを見ても、銘柄数は順調に増えていっています。

【183】→【212】→【247】→【268】

来年、再来年はどのようになっているでしょうか。

もとさと
もとさと
米国企業が成長を続ける限り、分散銘柄数は限りなく増えていきます。

時間をかけるほど防御力が増していく。

時間を武器にする長期投資家にとって、これほどまでに完璧なシナジー効果は他にありません。

もとさと
もとさと
成長企業をひたすら組み込んでいく。
攻めも守りも完璧です。

優秀な企業のみを採用している

前項のとおり、【VIG】の構成銘柄数は、米国企業の成長に伴い着々と増え続けます。

しかも、がむしゃらに銘柄数を増やしているのではなく、超優良企業のみを毎年追加していくのです。

もとさと
もとさと
エリート企業のみを追加してくれるのは本当にありがたいですね。

さらに、インカム野郎としての重要ポイント、配当金のある企業だけを採用しているという点も見逃せません。

【VTI】の構成銘柄から一部銘柄を引き抜いたもの、といった感じに近いと言えるでしょうか。

もとさと
もとさと
まるで東京にある有名進学校の特進コースみたいなETFですね。

VOOとの差別化は?

【VIG】と比べたときの【VOO】の特徴は「無配もしくは低配当のグロース株を含んでいる」ということです。

【VOO】を構成する銘柄の上位は【GAFAM銘柄】や【TESLA】【NVIDIA】といった、急成長を遂げるハイテクグロース株となっています。

しかしマイクロソフトを除き、【VIG】にはこれら銘柄は含まれていません。

もとさと
もとさと
ハイテクグロース株の多くは、無配・低配当なのです

投資先を【VIG】にするか【VOO】にするかの分かれ目は、これらハイテクグロース株に投資したいかどうか、となります。

ハイテクグロース株がまだまだ伸びると信じるなら【VOO】を、そろそろ伸び悩むと考えるなら【VIG】を厚く保有するべきでしょう。

もとさと
もとさと
もちろん、両方保有もアリですよ!

(参考)S&P500を占める情報技術セクター比率の高まり

「もうすぐ暴落する」論を主張する気は毛頭ないのですが、少しだけ気に留めていることがあります。

2021年8月現在【S&P500】を占める情報技術セクター比率は【27.8%】となっています。

コロナショック直前直後は【21%】付近でしたが、その後急激に上昇しています。

あくまでも過去の話ですが、急激な上昇相場の後【S&P500】を占めるセクターのいずれかの比率が【30%】付近まで到達したとき、その後に大きなショック、下落相場が発生しています。

出典:株式投資の未来
   (ジェレミー・シーゲル著)

大規模な下落までは行かずとも、調整局面は多分にあるかと思われます。

そうなると、情報技術セクターを多く占める【VOO】は大きな打撃を受けるでしょうから、そのセクターの比率が他と比べて低い【VIG】の方がいくらかは安心して保有できそうだと考えています。

そして、指数の結果ではありますが、情報技術セクターに限らず【VIG】は各セクターが満遍なく構成されております。

セクター単位での下落への耐性は抜群ですね。

もとさと
もとさと
大きな価格変動は、大きな精神的ショックを引き起こします

長期投資において重要なのは、下落相場というチャンスで買い増しをするというよりも、長期的に株式市場に居座り続けられるかどうかなのです。

人間の心は、人間が考えるよりも弱いもの。
狼狽売りや心の不安定を引き起こさないためにも、自分に合ったリスクコントロールを進めないといけません。

もとさと
もとさと
心の強さは、低めに見積もっておきましょう

残念なことに、相場変動に耐えきれず退場してしまう投資家は数多く存在します。

ハイテク銘柄に多いグロース株には最高の上昇率があります。
しかし、地獄の下落率も併せ持ちます。

自分自身の心を守るため、コア資産にはグロース株をあえて取り込まないという選択も、ひとつの正解でしょう。

終わりに

最近強く思うのですが、私のような「グロース株にそこまで興味がないインカム野郎」にとって、これほどまでにベストな投資先は無いと考えます。

構成銘柄数が自動的に増えていくので、ディフェンシブさも自動的に強固になっていきます。

過去のリターンが【VOO】に劣っているかというと、そこまで大きな差はない。
下落局面での下落率は【VOO】よりも控えめです。

もとさと
もとさと
投資で重要なのは、相場に居座ること。

若干リターンは劣っていたとしても、リスクが少なく、心に優しい投資先を選んでいくのも、悪くない選択です。

もとさと
もとさと
精神的な平和、本当にこれが大事

投資の終わりは【退場】ではなく【有終の美】でありたいものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA