日刊さとり

【8月11日】PPIは市場予想を下回るも、株価は小幅に下落。上げすぎた株価を調整した?

 この記事では、8月11日の米国市場についてサラリと紹介します。主要指数などの変動と、私が保有する銘柄の状況について簡単に書き記します。

さとり
さとり
1分で読めます!

  • PPIが予想を下回り、インフレの懸念は低下。
  • インフレ鈍化するも、株価は下落。
  • 市場は一旦の冷静さを取り戻した?

S&P500 ヒートマップ

 昨日はCPIの発表がされた後に全体が上昇しましたが、本日のPPIではそうなりませんでした。加熱しすぎたのでしょうか。若干の調整かと思われます。

主要指数等の値動き

米国主要指数

 ・ NYダウ: 33336.67📈+0.08%
 ・ Nasdaq:12779.91📉-0.58%
 ・ Nas100:13291.99📉-0.65%
 ・ S&P500: 4207.27📉-0.07%
 ※ ドル円:132.944

小幅な値動きです。大きな変動はありませんでした。

各セクターの変動

 ・ VDE :📈+3.51%(エネルギー)
 ・ VFH:📈+1.08%(金融)
 ・ V I S:📈+0.43%(資本財)
 ・ VAW:📈+0.36%(素材)
 ・ VOX:📈+0.32%(通信)
 ・ VPU:📉-0.01%(公益)
 ・ VDC:📉-0.19%(生活必需品)
 ・ VNQ:📉-0.24%(不動産)
 ・ VCR:📉-0.36%(一般消費財)
 ・ VGT:📉-0.58%(情報技術)
 ・ VHT:📉-0.69%(ヘルスケア)

昨日に上げたハイテク系ですが、本日は下げています。

日足、年間チャート

【VOO】と各セクターETFのチャートを並べています。セクターローテーションの予想など、値動きの全体像を捉えるのにご利用ください。

毎日見ていると、何かが見えてくるのではと信じています。

セクターローテーションとは

その時々で、どのセクターが強いのかを大まかに示したものです。

当然、景気や金利以外の要因でも株価は動くため、必ずしもこの通りになるわけではありませんし、今がどの位置にいて、どれくらいの期間で移り変わるのかもわかりませんが、ひとつの目安、考え方として活用されています。

おまけ:わたしの資産は…

本日の売買

  • 売買なし

私が保有する米国資産は…

 ・ VIG :$155.71📉-0.03%
 ・ VGT :$380.77📉-0.58%
 ・ QQQ :$324.08📉-0.57%
 ・ GOOG:$119.82📉-0.69%
 ・ VGLT :$70.03📉-2.06%

買ったばかりの【VGLT】が下がってしまいましたが、保険のような役割で保有しているものなので、特段気にしません。

各銘柄の日足、年間チャート

  • 青:20日平均線
  • 赤:50日平均線

じわ上げに期待か?

 7月のPPI(生産者物価指数)は前月と比べて0.5%の低下になりました。市場予想は0.2%の上昇とされていたので、これに反することになりました。

 昨日のCPIに続きインフレの鈍化を感じさせる結果であり、寄り後の株価は好調な反応を見せたのですが、その後じわじわと下げ、最終的にはマイナス寄りの横ばいとなりました。

 相場は時折ヒートアップすることがあり、個人投資家の心理もそれに引き込まれることがあります。はやる気持ちを抑え、冷静にリスク管理を続けないとなりませんね。

傾向としては、懸念されたインフレは鈍化し、現状織り込んでいる金利上昇ペースのまま行くか、これも鈍化するかといった状況です。

状況は投資家側にあります。のんびり、どっしりと構えていきましょう。

さとり
さとり
みんなで爆益!

【半導体ETF】プチバズが底打ちだったという話 皆さん、半導体銘柄に興味はありますか?  これほど注目を浴びている投資分野も珍しいですよね。  特定の分野やテーマへの集中投資...

ぜひ、Twitterのフォローもお願いします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今回の記事、参考になりましたか?
よろしければ、今回も下の応援ボタンをポチポチしてくださいませ。
いつも押して頂きありがとうございます。
本当に励みになります…

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 「デイトレード」の書籍、そのタイトルからトレーダー用の書籍だと思われてしまうことが多く長期投資家から避けられがちですが、内容はほとんど心理学であり、トレードの技術を紹介するものではありません。長期投資にも活用できるため、非常にオススメです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA