日刊さとり

【8月5日】米国株の値動きは小幅。雇用統計により金利上昇懸念が再来?

この記事では、8月5日の米国市場についてサラリと紹介します。

主要指数などの変動と、私が保有する銘柄の状況について簡単に書き記します。

さとり
さとり
1分で読めます!

  • 雇用統計が市場予想を遥かに上回る。
  • 平均時給についても予想を上回る。
  • 景気後退懸念が減少し、利上げ懸念が増大した。

S&P500 ヒートマップ

ひときわ目立つのが【TSLA】の下げですね。株式分割を発表していましたが、それが影響しているのでしょうか?

主要指数等の値動き

米国主要指数

 ・ NYダウ: 32803.47📈+0.23%
 ・ Nasdaq:12657.56📉-0.50%
 ・ Nas100:13207.69📉-0.78%
 ・ S&P500: 4145.19📉-0.16%
 ※ ドル円:134.9225

最終的には小幅でしたが、場中は意外と大きな変動でした。

各セクターの変動

 ・ VGT:📉-0.16%(情報技術)
 ・ VHT:📈+0.13%(ヘルスケア)
 ・ VDC:📉-0.12%(生活必需品)
 ・ VCR:📉-1.42%(一般消費財)
 ・ VFH:📈+0.74%(金融)
 ・ VOX:📉-0.68%(通信)
 ・ V I S:📈+0.21%(資本財)
 ・ VAW:📈+0.42%(素材)
 ・ VPU:📉-0.47%(公益)
 ・ VDE:📈+2.10%(エネルギー)
 ・ VNQ:📈+0.28%(不動産)

【TSLA】【AMZN】の下げが大きく、一般消費財セクターが下落しました。

日足、年間チャート

【VOO】と各セクターETFのチャートを並べています。

セクターローテーションの予想など、値動きの全体像を捉えるのにご利用ください。

毎日見ていると、色々と感じることがありますね。

さとり
さとり
ちょっと上げ止まりがありますね…

セクターローテーションとは

その時々で、どのセクターが強いのかを大まかに示したものです。

当然、景気や金利以外の要因でも株価は動くため、必ずしもこの通りになるわけではありませんし、今がどの位置にいて、どれくらいの期間で移り変わるのかもわかりませんが、ひとつの目安、考え方として活用されています。

おまけ:わたしの資産は…

本日の売買

買付

  • VIG:10口

売却

  • MAR:10株

【MAR】を売りました。十分な利益です。

私が保有する米国資産は…

 ・ VIG :153.92📈+0.16%
 ・ VGT :378.9📉-0.16%
 ・ QQQ :321.75📉-0.82%
 ・ GOOG:118.22📉-0.55%
 ・ AAPL :165.35📉-0.14%
 ・ MSFT :282.91📉-0.26%
 ・ MAR :157.01📉-1.25%
 ・ CSCO:45.01📉-0.82%
 ・ VZ :44.95📈+1.17%
 ・ SLDP :6.6📉-1.79%

【MAR】を売っています。

全体的に下げましたね…

各銘柄の日足、年間チャート

  • 青:20日平均線
  • 赤:50日平均線

Web系のくすぶりが長いですね…

金利上昇懸念の再来

非農業部門雇用者数が発表されました。

結果は52.8万人の増加です。市場予想では25万人の増加でした。

予想を遥かに超える数値です。景気後退の心配はないように思えます。

しかし、今はそれが問題。インフレ局面にある今、この結果は「景気は好調であり、インフレが続きそう」と捉えられてしまうのです。

これにより、FRBによるさらなる利上げがなされることを懸念し、株価は下落。

しかしながら、ここで米国株の底力が発揮。結果的に株価は横ばいで終わりました。

今後も警戒感のある相場が続きそうですね…

来週のCPI発表もドキドキですね。

さとり
さとり
みんなで爆益!

ぜひ、Twitterのフォローもお願いします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今回の記事、参考になりましたか?
よろしければ、今回も下の応援ボタンをポチポチしてくださいませ。
いつも押して頂きありがとうございます。
何よりも励みになります…
Twitterもフォローしてね!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA