日刊さとり

【8月2日】米国株は微細に下落。利上げ懸念と米中緊張。

この記事では、8月2日の米国市場についてサラリと紹介します。

主要指数などの変動と、私が保有する銘柄の状況について簡単に書き記します。

さとり
さとり
1分で読めます!

  • インフレ対応の完了は「ほど遠い」
  • 米下院議長の訪台による米中の緊張

S&P500 ヒートマップ

利上げの懸念が再燃したこと、米中の緊張が高まったことで、リスクオフの流れが強く出ました。

主要指数等の値動き

米国主要指数

 ・ NYダウ: 32396.17📉-0.61%
 ・ Nasdaq:12348.76📈+0.08%
 ・ Nas100:12901.6📉-0.02%
 ・ S&P500: 4091.19📉-0.16%
 ※ ドル円:132.9785

株価は全体的に下げています。

途中大きくプラスとなっていましたが、急落しマイ転しました。

利上げ懸念の再燃により、為替は円安に動きました。

各セクターの変動

 ・ VGT:📉-0.52%(情報技術)
 ・ VHT:📉-0.08%(ヘルスケア)
 ・ VDC:📉-0.70%(生活必需品)
 ・ VCR:📉-0.69%(一般消費財)
 ・ VFH:📉-1.19%(金融)
 ・ VOX:📈+0.09%(通信)
 ・ V I S:📉-0.83%(資本財)
 ・ VAW:📉-1.02%(素材)
 ・ VPU:📉-0.19%(公益)
 ・ VDE:📉-0.16%(エネルギー)
 ・ VNQ:📉-1.28%(不動産)

全体的に下げています。耐えどきですね…

日足、年間チャート

【VOO】と各セクターETFのチャートを並べています。

セクターローテーションの予想など、値動きの全体像を捉えるのにご利用ください。

毎日見ていると、色々と感じることがありますね。

さとり
さとり
まずは3月末の水準まで戻してほしい…

セクターローテーションとは

その時々で、どのセクターが強いのかを大まかに示したものです。

当然、景気や金利以外の要因でも株価は動くため、必ずしもこの通りになるわけではありませんし、今がどの位置にいて、どれくらいの期間で移り変わるのかもわかりませんが、ひとつの目安、考え方として活用されています。

おまけ:わたしの資産は…

本日の売買

  • 売買なし

私が保有する米国資産は…

 ・ VIG :151.85📉-0.80%
 ・ VGT :367.63📉-0.52%
 ・ QQQ :314.33📉-0.30%
 ・ GOOG:115.9📈+0.36%
 ・ AMZN :134.16📉-0.91%
 ・ AAPL :160.01📉-0.93%
 ・ MSFT :274.82📉-1.15%
 ・ MAR :158.24📉-0.83%
 ・ CSCO:44.92📉-0.80%
 ・ VZ :45.34📉-1.99%
 ・ SLDP :6.48📈+4.18%

【MAR】の決算は完璧だったように見えたのですが、全体の下げに負けてしまったのでしょうか…

各銘柄の日足、年間チャート

  • 青:20日平均線
  • 赤:50日平均線

【AAPL】の反発が凄まじいですね。

まだ終わりではない

サンフランシスコ連銀のデーリー総裁は、インフレとの闘いについて、完了の状況から「ほど遠い」としました。

これを受け、利上げ懸念が再燃。株価と為替が大きく変動しました。

また、ペロシ米下院議長が台湾に訪れたことで、米中の緊張が高まっています。

株価にとっては厳しい状況です。ですが、これを抜ければ上げ一直線。

信じて続けましょう。今は仕込み時です!

さとり
さとり
みんなで爆益!

ぜひ、Twitterのフォローもお願いします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今回の記事、参考になりましたか?
よろしければ、今回も下の応援ボタンをポチポチしてくださいませ。
いつも押して頂きありがとうございます。
何よりも励みになります…
Twitterもフォローしてね!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA