米国ETF

【VOO】全ての基準、絶対王者

この記事では、米国株式において誰もが認める絶対王者【S&P500】に連動するETF【VOO】についてご紹介します。

【VOO】の紹介といいつつ、若干【S&P500】の紹介のような内容になっておりますが、そのあたりはご了承ください。

 

この記事のポイント!

  • 投資家を裏切らない圧倒的な実績
  • 株式投資の世界における基準
  • その時期のブームには勝てない

はじめに

【VOO】は【S&P500】という指数に連動するETFです。

この指数は米国企業の【トップ500】で構成されており、米国を代表する王道の指数となっています。

資産運用における王道の投資対象であり、米国ETFの時価総額ランキングでは、上位5銘柄の内3銘柄がこの指数に連動したものと、圧倒的な人気と実績を誇ります。

もとさと
もとさと
世界中から信頼されています

VOOの特徴

高品質なシンプルへの到達

【VOO】が指標とする【S&P500】の仕組みは非常にシンプルです。

そして、ただシンプルなだけでなく、驚異的なまでに洗練され、もはや米国のみならず、世界を代表する経済指数にまで到達しております。

遅れましたが、仕組みは以下のとおり

  • 米国企業であること
  • 黒字決算であること
  • 株式の流動性が高いこと

以上を満たした企業の時価総額トップ500で構成されます。

そして、その構成比率は【時価総額加重平均】で決定されます。

もとさと
もとさと
採用条件に複雑な計算式はありません。

成長を続け、米国経済の高みに【到達】した企業を組み入れているだけなのです。

このシンプルさこそが、この【VOO】の魅力であり、あらゆる時代、あらゆる局面においても支持される理由なのです。

VOOを継続的に上回るのは困難

【S&P500】については、今この現代までにあらゆる研究がされてきました。

そのなかで最も重要な研究結果は、やはりこれでしょう。

「S&P500を超えるパフォーマンスを長期で記録することはほぼ不可能」

プロが運営する【アクティブファンド】や、個人で売買を繰り返す【トレーダー】など、あらゆる投資手法はこの【S&P500】を長期で超えることは難しいということです。

【S&P500】は、株式の市場価格を元に数値が算出されます。

市場価格とは、すなわち市場平均であり、それは世界のプロが多額の資金を投じて競り合った結果生み出されるものなのです。

世界のプロが競り合った結果、米国大型株の集合体である【S&P500】が算出され、それをもとに【VOO】が作り出されます。

【VOO】とは市場平均であり、世界のプロそのものなのです。

【VOO】を長期で越えようとすることは、プロに勝ち続けるということ。

もとさと
もとさと
すなわち「現実的に不可能」です。

全ての比較対象となる

世に存在するあらゆる投資信託、ETF、トレーダーのパフォーマンスは、「【VOO】を超えているかどうか」でその価値を判断されています。

【S&P500】のシンプルさは、皆さん既にご存知のとおりです。

【VOO】は、その運営のために、株式の頻繁な売買を必要としません。
数ヶ月に一度、指数に連動するよう調整するだけ【パッシブ運用】です。

つまり【パッシブ運用】である【VOO】の価格は、市場のプロが決めてくれます。
そして、これを保有する投資家は、個別株の運用スキルを一切必要としません。

もとさと
もとさと
何もせずともプロと同様のパフォーマンスを出せるのです。

別の視点から言えば、プロの投資家は、能動的な行動・売買を行うという様々なリスクを負っている以上、何もしていない【VOO】を継続的に超えることができない限り、その価値は無いと言えます。

それ故【S&P500】もとい【VOO】は、投資商品の価値を判断する基準、市場の平均となったのです。

もとさと
もとさと
投資の【平均】とは【優秀】です。

それは、我々のような凡人を含めた【平均】ではなく、天才的な頭脳を持ち備えたプロの【平均】だからです。

個人投資家は、その【平均】にしがみついているだけで十分なのではないでしょうか?

(プロの存在は否定しません。優秀なプロいるからこそ、優秀な市場平均が形成されるからです)

強いて言えば残念と言える点

単純につまらない

変な話ですが【VOO】を買ってひたすら放置するだけで投資は完了します。

特別なことは必要ありません。

もとさと
もとさと
ただ継続的に投資するだけです。

しかし、それこそが優秀な【平均】にしがみつくことであり、プロの運用成績を自己のものとする方法なのです。

投資した資金を回収する必要が生じるまで、現時点の価格を気にする必要はない。
投資において、ここまで気楽にできるものは他にありません。

これを生かして、投資に時間をかけずに他の趣味に没頭する、ということもできますね。

何もやることがない、これをどう捉えるか次第で、良い点とも悪い点とも受け取れるでしょう。

もとさと
もとさと
メンテナンス不要。完全にほったらかしでOK!

ブームには乗れない

仮想通貨やセクターETFなど、その時期その時代における圧倒的なブームは存在します。

【VOO】ではそのブームに最大限乗ることはできません。

ここで、昨今のトレンドETF3種と、5年チャートにて比較をしてみましょう。

  • 緑=TQQQ(3倍QQQ)
  • 赤=SOXX(半導体ETF)
  • 黄=QQQ
  • 青=VOO

見てください!圧倒的低パフォーマンス
5年前に【TQQQ】に投資していたら、【VOO】の12倍の結果だったのです!
【VOO】なんて時代遅れ!これからはハイテク銘柄だ!

………といったように【VOO】が全ての基準であるが故、このように比較された論調、ブームは常に存在しています。

今一度、冷静に【VOO】のパフォーマンスを見てください。

5年で2倍になっているんですよ。

もとさと
もとさと
十分すぎる結果です。

他が素晴らしいだけであり【VOO】が劣っているわけではありません。
ここは勘違いしてはいけません。

集合時間の5分前に到着したが、他の皆は15分前に到着していたため、相対的に見て自分が遅れて到着したこととなり、さも遅刻してきたかのような扱いを受けてしまう現象と同じです。

もとさと
もとさと
【VOO】は何も悪くないのです。

偏ったセクターやレバレッジを効かせたETFというものは、うまくハマれば最高の上昇率となるものの、同様に地獄の下落率も持ち備えています。

気づいたら-25%になっていたり、酷ければ半分になっていたりします。
下落中の【焦り】先週売って今週買い戻していたら…という【空想の後悔】に襲われるのです。

もとさと
もとさと
よほど強靭なメンタルが無い限り、とても耐えられるものではありません

逆を言えば、そのようなメンタルを持ち備えた人にとっては、ベストな投資先かもしれません。

投資において最も重要なことは、相場から退場しないことです。
無理をした投資行為は、ほとんどギャンブルであり、自身の退場を引き起こすものです。

ぜひ、ぜひ、自身のリスク許容度の範囲内にて、お楽しみください。

流行り、ブーム、トレンド、表現はたくさんあります。
【VOO】ではそれらに乗れません。

周りと比べてなんだか遅れている感」と戦わないといけないということが、少しばかり残念な点と言えるでしょう。

終わりに

あまりにも【VOO】が万能すぎるため「投資先はこれだけでいいのでは?」と考えてしまいます。

もとさと
もとさと
日本にいる限り、それは一つの正解です。

決して極端ではなく、これが「王道」なのは間違いありません。
世界の名著を読めばわかるように、歴史がこれを証明しています。

【VOO】を投資のコアとし、足りてないと思う部分を他のETFで補うというのが、心穏やかにいられる堅実な投資なのではないでしょうか。

  • 多めに配当を欲しいから【VYM】
  • 株式で守りを固めたいから【VIG】
  • 冒険したいから【レバレッジETF】

これらを少しトッピングするくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

世界が支持する【VOO】、トップ成績を記録することはありえないが、常に合格点の成績を記録する。

初心者、上級者問わず、永遠に保有できるETFです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA