ひとくち記事

2番底おじさんは「2年先」を見ていた。

 2020年3月に起きたコロナショック。暴落と反発の激動の中、不安と疑念だけを残し、株価は復活しました。瞬く間に暴落したそれの爆発的な復活劇は、例えようのない奇怪さを醸し出していました。

 あまりにも早すぎる底打ちと、あまりにも強すぎる反発。底打ちの「底ばい」が無かったため、ほとんどの投資家が安値仕込みの機会を逃していました。

 何よりも不思議だったのは、暴落の原因が何一つとして解決されていない中で反発し、そのまま株価が元通りになったこと。

 市場は未来を映し出すとは言われてますが、未知の流行り病が蔓延し、【VIX】が80を超え、サーキットブレーカーが連発する状況で、どこの誰が良い未来を描けていたでしょう。政府による金融緩和こそありましたが、それで拭えるようなものではなかったはずです。

 誰しもが「今投資して良いのか?」「この上昇に乗り続けてもいいのか?」「本当に大丈夫なのか?」と不安になる中、それを横目に株価は回復。気づけば最高値を更新していました。

 そんな中現れたのが【2番底おじさん】です。

おじさん
おじさん
まだだ!2番底が来るぞ!



 この【2番底おじさん】は、掲示板、Youtube、Twitterなど、インターネットの世界に’しばしば’出没しました。

  • ただ単に不安を煽りたい
  • ベア型を仕込んでいる
  • 買い場を逃して悔しい
  • 本当に下がると思っている
  • 暴落煽りで注目を浴びたい

 どういった理由かはわかりませんが、この【2番底おじさん】は、少し大きめの下落があるたびにそれを叫び続けていました。

 しかし残念(?)なことに、叫びは届かず絶好調。短期的な上げ下げこそあれど、株価は順調に右肩上がりを続けていました。

 さすがに諦めたのか(もしくは飽きたか)、気づけば【2番底おじさん】はいなくなっていました。代わりに【ブルレバ先輩】が大量発生しましたが、これはまた別の話

 あの頃、我々は知りませんでした。【2番底おじさん】が未来を見ていたことに。

 来たのです。2番底が。それも2年後に。

 おじさんは正しかったのです。おじさんは未来を予知していたのです。おじさんの言うことをちゃんと聞いておけばよかったのです。若者からいつもイジられるおじさんですが、それなりに経験しているのです。

 おじさんはずっと訴え続けていたのです。「何を言ってるんだ」とバカにされながらも、みんなを守るため、まるで映画の主人公のように。おじさんはスーパーヒーローになるはずだったのです。

 2番底おじさん、助けようとしてくれてありがとう。そして、ごめんね

 ただ、ひとつだけ聞きたいことがあります。

さとり
さとり
おじさん、2番底で買えた?

おじさん
おじさん
3番底が来るぞぉ!

〜 fin. 〜

 ※この記事は、レバレッジ型ETF【WEBL】のチャートを使用したネタ記事です。

 Twitterもフォローしてね!

なぜ暴落煽りが多いのか? なぜ下落や暴落の煽りが多いのでしょうか。株価が下がるより、上がってくれた方が嬉しいはずです。ならば上がるタイミングを予想したほうが有益...

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今回の記事、参考になりましたか?
よろしければ、今回も下の応援ボタンをポチポチしてくださいませ。
いつも押して頂きありがとうございます。
本当に励みになります…

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

こちらの記事もあわせてどうぞ
ひとくち記事

【立ち回り】下落に直面したらどう動けばいい?

2022年2月19日
インカム野郎の長期投資 by さとり
この記事では、避けることの難しい下落局面について、それに遭遇した場合の立ち回りについて紹介します。 インデックス投資家として長期投資を続けていると、大きな下落には何度も巡り合うこ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA