分配金情報

【SPYD】+1.52%の増配です!2022年6月の分配金情報_単期利回りや推移など

この記事では、2022年6月期における【SPYD】の分配金について紹介します。

各期ごとの利回りや増配率、配当を含めたトータルリターンもまとめていますので、ご利用ください。

最後には最近の振り返りも簡単に書いていますので、御覧くださいね。

さとり
さとり
内容はシンプルです。

まとめ

今期分配金      $ 0.405
単期利回り        1.03 %
直近1年利回り        3.82 %
増減率(前年同期比) +   1.52 %
増減率(「直近1年」の前年比)   –   17.32 %

基準価格の推移

 

各種データ

設定来リターン(配当有り・無し)

※ETF設定日:2015年10月22日

現在価格$  38.63
設定来トータルリターン 63.98 %
直近5年 31.54 %
直近10年          -%
直近15年          -%

※2022年6月17日終値時点

設定来でキャピタル単独を見ると「+29.05%」となっています。

分配金を含めた設定来リターンは「+65.07%」です。

年間分配金と増配率

今期の分配金は「$ 0.405」です。

前年同期比で「+1.52%」の増配となっています。

5年平均の増配率は「0.85%」です。

さとり
さとり
今のところ順調です。
年間増配もプラスになるでしょうか?

各期の利回りと権利付き最終日終値

6月期単体利回りは「1.03%」となっています。

直近1年間の利回りは「3.82%」です。

さとり
さとり
単期で1%超えです。
十分ですね!

配当利回りの正しい計算方法は?Bloomberg、Googlefinance、Yahoo!finance、個人ブログなどなど… 株やETFについて紹介しているページ...

分配金履歴

履歴については、以下のサイトにて詳細に閲覧できます。

[Seeking alpha] ←海外サイトです

  • Declare Date:配当発表日
  • Ex-Div Date:権利落ち日
  • Amount:配当額

最近の情勢

半年近く経った2022年ですが、主に原油高を追い風とし、【SPYD】は他のETFと比べて優秀な値動きを遂げてきました。

しかし、ここ数日で急激に下落しています。

王道のETFが軒並み大暴落する中、常に価格を保ち続けてきた【SPYD】ですが、ここ10日ほどで14%近く下落しています。

WTI原油先物価格が下げに転じたタイミングと同じです。この【SPYD】がいかにエネルギーセクターを頼っているかがわかります。

ただ、もともと分配金狙いの人が多いと思います。価格が上がろうが下がろうが、基本的には売らない人が多いのではないでしょうか。

下落を待ち、買い増しをストップしていた人にとっては、ようやくチャンスが到来したと言えますね。

また、下げのタイミングが分配月と被っているため、支払われた分配金を再投資することで「複利」の効果を最大限活かすことができます。

長期投資において重要なことは、相場にしがみつくこと。

そして、ETF投資で重要なことは、指数を愛すること。

突然の急落で焦るかもしれませんが、【SPYD】の構成条件が「【S&P500】構成銘柄の配当利回り上位80社」であり、そもそもスーパーエリート企業のみで組まれています。

さとり
さとり
何があっても安心なのではないでしょうか?

信じるものを愛し、愛するものを信じ、長く付き合っていきましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今回の記事、お役に立てたでしょうか。
よろしければ、下の応援ボタンをポチポチしてくださいませ。
とても、とても励みになります…

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA