主張・考察

【増配率】長期投資における最重要事項

この記事では、長期投資を進めるうえで何よりも大切な相棒となる【増配率】について、私の思うところを紹介します。 

もとさと
もとさと
インカム狙いの長期投資で重要なのは増配率!
利回りは大して重要ではありません

○増配をどこまで重視するかは、投資期間次第
○必要な配当額を確保した後は増配狙い
○【時間】という【最強の武器】を味方にする

増配率のちから

長期投資にて圧倒的な力を発揮

増配率による恩恵は、ジワジワと時間をかけて受けることになります。

もとさと
もとさと
短期間では増配の恩恵を受けられません。
投資期間が長いほど爆発力を増すのです。

ここで、ひとつ比較をしてみましょう

高配当銘柄に20年間投資した場合
例:SPYD(利回り4.5%・増配2%で計算)

高増配率銘柄に20年間投資した場合
例:VYM(利回り3%・増配6.5%で計算)

この場合、投資を始めてしばらくの間、配当金は【高配当銘柄】の方が多くなります。

しかし20年後、配当を多く出しているのは…

なんと【高増配率銘柄】なのです。

もとさと
もとさと
まさに時間が味方していますね

この点は、以下の投資書籍でも紹介されています。

出典:配当成長株投資のすすめ
   (デビッド・L・バーンセン著)

【利回り3%・増配率10%】の銘柄と【利回り4.5%・増配率6%】の銘柄とで比較されています。

この場合でも、20年経つまでは高配当株の方が良いトータルリターンとなっていますが、それ以降は高増配株の方が良くなっています。

もとさと
もとさと
長期投資の必勝法は、増配が見込める銘柄に投資し、お金が必要となる時までその配当をひたすら再投資することなのです。

増配率と利回り、どっちを優先するべき?

増配率を重視するべき人は

必要な配当額を既に確保した人

「毎月1万」「毎月3万」など、とりあえず目先で必要となる少額の配当収入を【SPYD】などの高配当銘柄で確保できたのなら、その後は増配を狙うべきでしょう。

「毎月10万」などの高額配当を狙うなら、【時間】を味方にする必要があります。

もとさと
もとさと
圧倒的な入金力があるなら別ですが…

今はまだ配当をそこまで必要としない人

資産形成期であり、目先での配当を必要としないのであれば、増配を優先するべきです。

もとさと
もとさと
時間をかけるほど配当金は増大します!

さらに、増配銘柄は株価も成長する傾向にあります。

基本的に株式を売る想定はしませんが、もし株式を売却しなければならない自体に陥ったとしても、増配銘柄であればキャピタルゲインも期待できますね。

もとさと
もとさと
長い人生、何があるかわかりませんからね…

利回りを優先するべき人は

目先で十分な配当金が欲しい人

【増配株】の配当が【高配当株】を超えるには、とても長い時間を必要とします

もとさと
もとさと
先述の例だと、ズバリ20年…
自分がどうなっているか想像できません

数年以内のFIREを目標としていたり、自身が高齢であるなど、【増配株】の成長を悠長に待っていられない人は、配当利回り重視の銘柄を保有するべきです。

こういった方は、増配や株価成長を期待できるものよりも、【SPYD】や【HDV】【QYLD】といった、とにかく高配当であるものの方が向いているでしょう。

もとさと
もとさと
【QYLD】にあっては、プラスリターンのほぼ全てが分配金であり、超高利回りETFとなっています。

まさに今絶好の投資タイミングにいる人

〇〇ショックなどの株価の大暴落に居合わせた方は、利回り重視の高配当株をしこたま仕込むチャンスに巡り会えたと言えるでしょう。

増配株は継続的な株価上昇が見込めるため、比較的どのタイミングで買っても【YOC(Yield On Cost)】の向上が見込めます。

しかし、高配当株は株価の値動きがおとなしいため、買い増しチャンスはなかなか来ません。
もとさと
もとさと
高配当とされている銘柄は、株価が下がり、利回りが上がった際にこぞって買付されるため、あっという間に利回りが戻ってしまうのです

チャンスに巡り会えたなら、自身のリスク許容度を意識しながら、高配当銘柄に現金を最大限投資するべきです。

年数で分けるとこんな感じ?

○20年〜永遠:増配率に全力
○15年〜20年:増配率を重視
○10年〜15年:バランス
○5年〜10年:利回りを重視
○0年〜5年:利回りに全力

もとさと
もとさと
ものすごくざっくりですが…



増配を重視するにあたって

利回りと増配率のお話

株やETFには【株価】【利回り】【増配率】【配当金】という数字があります。

【利回り】とは【株価】と【配当金】から導き出される計算結果です。

では、【増配率】は?

【増配率】は【配当金】から導き出されます
【増配率】には【株価】も【利回り】も関係ありません

日々の【株価】の値動きや、現在価格での【利回り】などは全く気にしなくてもいいのです

ただ【配当金】が増えてくれさえいればいい

もとさと
もとさと
非常にシンプル。心の負担が全くありません。
長期投資にぴったりですね。

投資家としてのレベルアップ

増配を意識するということは、企業の成長に期待することです。

ETF運用であれば気にならないかもしれませんが、個別株運用の場合、以下の要素を気にするようになります。

○無理のある配当ではないか。
○意地になって増配しているのではないか。

これらを確かめるため、必然的に企業の決算書を見るようになります。

もとさと
もとさと
ポイントは、営業益、EPS、そして配当性向といったところでしょうか。

企業によっては、減配に伴う株価下落を恐れるせいか、そこまで利益を出していないのにも関わらず、前期以上の配当を出してしまうことがあります。

こういった企業は、どこかのタイミングで耐えられなくなり、大幅減配や無配、最悪上場廃止となるでしょう。

もとさと
もとさと
【VIG】や【HDV】などの一部ETFは、このような危険性のある企業を避けるような構成となっています。

このように、株価や利回り、配当金だけでは見えてこない部分に目を向けることになるため、投資家としての視野が広がり、スキルアップにつながるのです。

時間を武器にすること

投資の本質とは時間を味方にすること

短期売買など、時間を味方にしないものは、ほとんどギャンブルでしょう。
もとさと
もとさと
投資とは、時間をかけて育てるものなのです

売買を繰り返すアクティブ運用が市場平均に従うだけのインデックス運用に勝てないということは、様々な研究にて明かされております。

1年間であれば3割程度の人が勝てるかもしれません。
しかし、それを継続的にやるとなると、勝率は1%以下になるのです。

もとさと
もとさと
一部の天才以外、個別株のトレードはやるべきではありませんね。

あくまで過去の歴史ですが、【SP500】の構成銘柄を20年間保有し続けた場合、いかなるタイミングで購入していても必ずプラスになったとのこと。

もとさと
もとさと
【時間】の強さがわかります。

増配が期待できるETFは?

もとさと
もとさと
王道ばかりですが、いくつかご紹介します!

VOO

VOOが指標とする【SP500】指数の増配率は、非常に安定しています。
米国が成長する限り、株価と配当も止まることなく成長します

とりあえず平均の成果を出したいなら、これ一本でOKですね。
投資の【平均】は【非常に優秀】です

VOOの分配金情報

平均増配率…5年間:6.41%、10年間:9.57%
平均利回り…5年間:2.01%、10年間:1.95%

※2021年9月12日時点

もとさと
もとさと
現在、ETFとしては買付していませんが、積立NISAにて投資信託を買付しています。

【VOO】全ての基準、絶対王者この記事では、米国株式において誰もが認める絶対王者【S&P500】に連動するETF【VOO】についてご紹介します。 【VOO】...

VYM

言わずとしれた高配当ETF【VYM】
数ある米国高配当ETFの中で、利回りは低めですが、増配率はトップです。

VYMの分配金情報

平均増配率…5年間:6.27%、10年間:10.46%
平均利回り…5年間:3.13%、10年間:3.18%

※2021年9月12日時点

もとさと
もとさと
積立設定をしてコツコツ積み立ててます!

インカム狙いの長期投資家にとっては最高の投資先であり、これをひたすら積み立てることは、ひとつの最適解でしょう

VIG

増配といえばコレ、米国増配株式ETFです。
増配をテーマにしたETFはいくつかありますが、この【VIG】以外はどれも経費率が高く、長期投資には向きません。

VIGの分配金情報

平均増配率…5年間:4.80%、10年間:8.35%
平均利回り…5年間:1.98%、10年間:2.08%

※2021年9月12日時点

過去実績としては【VIG】の増配率と利回りは控えめであり、インカム狙いとしては少々弱い点があります。

しかし、このETFのコンセプトが【10年以上の連続増配株】を採用するというものであることから、増配を重視する投資家としては、どのような局面であっても自信を持って保有できるものではないでしょうか。

もとさと
もとさと
長期投資は自分の心との戦い。
保有することに疑問を持ち、心が揺らぐようなことがあってはいけません。

先述のとおり【VOO】や【VYM】と比べると、若干見劣りする部分もあります。

しかし、さすがは【連続増配株式ETF】、圧倒的に手堅い増配傾向があります。

もとさと
もとさと
もう、ホントに安心できる…

守り気味の長期株式投資をするにはうってつけです。
リスク許容度の変化に合わせ、保有率を厚くしていくのはアリですね。

もとさと
もとさと
私が最も愛しているETFです!

【VIG】王者の側近、鉄壁のコア資産この記事では、私もとさとが愛する優秀な米国ETF【VIG】について紹介します。 私もとさと自身、コア資産として多数保有しているETFで...

終わりに

利回りと増配を給与収入に例えると

増配=基本給の底上げ
高利回り=ボーナスUP

のような感覚でしょうか。

○まだ働くつもりなら、底上げの方が嬉しい
○退職が近いなら、ボーナスUPの方が嬉しい

もとさと
もとさと
底上げは、今後もずっと影響しますからね!

投資も同じです

○投資を長く続けるのなら、増配の方が嬉しい
○ゴールが近いなら、高利回りの方が嬉しい

あなたならどちらを重視しますか?

もとさと
もとさと
私は、増配を重視します。

未来ある企業に投資する

・利回りが高い企業
・増配率が高い企業

どちらの方が、未来は明るそうですか?

利回りが高い企業は、既に明るい企業です
増配率が高い企業は、これからどんどん明るさを増していく企業です
もとさと
もとさと
長期投資をするなら、どちらの企業に期待するべきでしょう?

これが、増配率を重視した長期投資方針です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA